【ソロキャン用品】小型焚き火台に可能性を感じた話【焚き火台】

ソロキャン

ソロキャン用 小型焚き火台を買った話

今後の目標にソロデイキャンプをするという物があります
いきなりソロは色々と不安だったので知人達とソロキャンの集まり(?)をしました

その時に初めて使った焚き火台に感動した話です

焚き火台を買いました

今回の主役はこいつ
キャプテンスタッグ社製「カマド スマートグリル B6型」

概要

製品サイズ(約)幅200×奥行125×高さ180mm
収納サイズ(約)幅200x奥行125x厚さ35mm(グリルのみ)、幅240x奥行180x厚み35mm(バッグ収納時)
重量(約)760g
材質(品質)本体・炭受け:ステンレス鋼、ゴトク・アミ・目皿:鉄(クロムめっき)、収納バッグ:ポリエステル
仕様/その他網サイズ(約):163×108mm
セット内容:本体×1、炭受け×1、ゴトク×1、アミ×1、目皿×1、収納バッグ×1

記念すべき初焚き火台はこちらになりました
本当はゆるキャン△のしまりんが使っているコレが欲しかったです


ちなみにこちらは笑’s社製 コンパクト焚き火グリル 『B-6君』という製品です

使ってみました

この日はベテランソロキャンパー達の力をかりて焼き肉
ビールを飲みながら楽しみました

調理はみんなが自分たちのソロキャン道具で別々に調理し別々のテントで寝るという集まり
自分のペースで過ごせるのが魅力です

焼きおにぎりなども作りました

家でも使えないか試してみた

ふと思いました

これ…家でも焼けるんじゃね?

と、言うことで❗

ガスコンロに置いてみました✨

鮎を買ってきて

下ごしらえをして…

焼いてみた‼️🔥

しっかり焼けたー(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

上の網を取り外せるのでそのままお皿に盛り付けることも出来ます
しっかり中まで焼けてました

感想

お手軽!!

普通サイズのバーベキュー台と違いコンパクトなので組み立てるのも片付けるのも楽でした

家で使った時は立ててコンロに置くだけ

そして一番のオススメポイント…後片付けが楽!!

魚焼き用のグリルを使うと網を洗うのが面倒なのですが
これなら小さいので片付けるのが本当に楽です

しかし欠点もあります

魚の脂などが落ちたらそのままコンロに落ちるのでその片付けは必要なのです

今後はそのあたりをどうフォローしていくか考えものですね
それを乗り越えた先にはキャンプ用品を日常調理器具へ転用できる事でしょう

夢が膨らみます!

ここまで読んでいただきありがとうございます
またよかったら見に来て下さいね

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ソロキャン 日常
スポンサーリンク
ちゃかをフォローする
オタぼる -オタクのボルダリングな日々-

コメント

タイトルとURLをコピーしました