【ボルダリング公式ルール】スタート時のルールを知りたい 【競技規則】

ボルダリング

ボルダリングのスタート時に「一瞬触っていればOK?」と悩んだ事はありませんか?
結論言うと体勢が安定していればOK!
安定しないまま次のホールド触ったらダメ!という風になっています。

それでは解説していきますよー

※2022年4月時点

ボルダリングでスタートする時のルールとは?

公式ルールより抜粋

第84条  選手のスタートは、次の各号に従って判定する。
(1)選手がスターティング・ホールドに両手、両足を置いて(中略)安定した体勢をとった場合、そのスタートは適正となる。

(2)選手が両手、両足をスターティング・ホールドに置いて安定した体勢をとることができなかった(中略)そのスタートは不適正となる。

2022年版 スポーツクライミング国内競技規則(原文リンク)

調べようと思った経緯

とある日にスタート体勢が難しい課題に取り組んでいました。
何度やっても止まることが出来ず四苦八苦…
そんな時教えて貰ったのです。

スタートのホールドは一瞬触っていれば大丈夫だよ

Twitterやインスタの動画を見てもそういうスタートをしているのは時々みるので「これで大丈夫なのかな?」と思ったのがきっかけです。

公式ルールを決めている日本山岳・スポーツクライミング協会について

そもそも公式ルールってどこに乗っているの?
ググった結果出てきたのがコチラ”日本山岳・スポーツクライミング協会”

日本山岳・スポーツクライミング協会

JMSCA 公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会
公式HP
概要より抜粋

スポーツクライミングの項目にはルールに関する事だけでなく講習会やルートセッターの登録など色々な項目がありました 

公式ルールが掲載されている場所

それでは早速公式ルール(競技規則)を見て行きましょう

スポーツクライミングからダウンロード(競技規則、基準、書式類)を選んでクリック

アクセス画面

お堅い!!
まぁ正式なルールなのでエンタメ感満載だとダメですよね…

それでは競技規則の2022年度全文をDLして中を見て行きましょう

スポーツクライミング競技規則より抜粋

これがスポーツクライミング競技規則により定められたスタートに関するルール(2022年)です。

(1)がこうするとOKとなる動きについて
2)がこうするとNGとなる動きについて書かれていますね。

スタートが適正となる判断基準

ポイント

・スターティング・ホールドに両手、両足を置いている
・それ以外のホールドやストラクチャーを使っていない
・体勢が安定している

追加としては


スターティングホールドへたどり着くまでに別のホールドは使っていいよー
これは分かります、問題は次

・・・ブロッカーホールドって何ぞ!?

ブロッカーホールドとは?

競技規則の最初の方に用語解説がありそこより抜粋

スタートする時に「このホールドがあるから邪魔で足の置き場が困る」とか「このボテ邪魔!!」などそういうホールドやストラクチャーの事みたいですね。

スタートが不適正となる基準

ポイント

・体勢が安定していない
・体勢が安定していないのに次のホールドを掴んだ

まとめ

公式ルールを見てきました…では最初の疑問。

『スタートホールドを触るのは一瞬でいい』というのはどうなるのでしょうか?

第17回ボルダリングジャパンカップ 決勝

第17回ボルダリングジャパンカップ決勝戦での楢崎智亜選手のスタートです。

左手以外の3カ所で体を安定させて最後に左手をスタートホールドへ一瞬触りスタートしています!

つまりスタートの時に体が振られていたり落ちそうになっていなければホールドを触るのは一瞬で大丈夫そうですね。

すっきりしました!

簡単に調べるつもりが思ったより奥が深かったです。
今後も分からないルールなどがあれば調べて行きたいです。

ここまで読んでいただきありがとうございます
またよかったら見に来て下さいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました